家族相談士の資格について調べました。合格率は90%程度となっている人気の資格です。

家族相談士の資格を取得するには家族相談士養成講座に登録しよう

家族相談士の資格はアメリカで50年ほど前に始まった心理援助理論の方法の一つとされています。教育分野や実社会の中での治療を用いて家族へのアプローチをする事から来ているそうです。

 

家族相談士は地域や職場環境などと深く結びついている資格で一家族を関連的に観察し様々な角度から援助しなければいけません。
よって広い分野から要請があり、その活動が期待されている資格になります。
保育園や幼稚園、小学校、中学校、大学、塾、さらには病院や老人ホームなどの福祉施設など様々場所から要請があります。
さらに公共の役所や家庭裁判関係。飛躍すればセミナー講師などの仕事もあります。

 

 

家庭相談士の資格と取得方法

 

受講資格
  • 日本家族心理学会又は日本家族カウンセリング協会に1年以上在籍している事
  • 臨床心理士、学会認定カウンセラー、医師、社会福祉士、保健師、看護師、保育士などの有資格者
  • 心理及び関連大学院在籍者もしくは修了者
  • 大学卒業後カウンセリングの基礎課程を1年以上(週1回)修めた者

※上記に該当するもので臨床経験が1年以上を有する事

 

 

学会などに在籍し勉強をされた方が資格取得をされるパターンと職場で資格を必要とされる方がよく見受けられるように思います。
比較的取得しやすい資格になりますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
条件などがありますので資料請求をするとよく解るでしょう(無料です)

 

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』
こちらの大手企業が特に参考になります。独立開業も支援してくださるサービスもあり人気となっています。メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士などに特に人気集中しているようです。
⇒ ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』 無料資料請求へ

 

ヒューマンアカデミーではコミュニケーション全般への効果に優れた実践心理学NLPを導入し受講生の満足度は98%だと言われています。
また、NLP資格取得者のステップアップ講座などもありスキルが大変身に付くと評判なのでお勧めできる企業です。

 

心理カウンセラー,家族相談士


inserted by FC2 system