教育カウンセラーは3段階の資格があります。

教育カウンセラーの資格には3種類の認定資格があります。

教育カウンセラーとは、学校等の教育全般を指すものになります。
学校心理学や学校教育相談などを含めて通常は使われます。

 

学級活動や授業、生徒指導や保護者との三者面談、進路や教育など多岐にわたるカウンセリングのスキルが必要な資格です。

 

  • 初級教育カウンセラー(日常の教育指導で考え方などを教える)
  • 中級教育カウンセラー(学校や職場でカウンセリングリーダーとして活動)
  • 上級教育カウンセラー(研修等で指導者として活動)

 

 

教育カウンセラーの審査基準

 

初級は実践歴が2年以上で講義参加40時間以上となり、教育カウンセラー養成講座を受講し、筆記試験を受けなければいけません。

 

中級は初級を有する者で実践歴が5年以上、スーパービジョンを1ケース以上受けている事と論文を1編集以上発表しなければいけません。また筆記試験と面接技法ロールプレイと個別口頭試験が用意されいます。少しハードルが高くなります。

 

上級は初級もしくは中級を有する者で実践歴が7年以上、スーパービジョンを2ケース以上受けている事、研修論文を2編以上発表しなければいけません。筆記試験とスーパービジョンに関する論述試験、リーダーシップに関する実技や口頭試験があります。

 

 

【実践場所】
幼稚園、保育園、小学校、中学校、高等学校、養護施設、専門学校、大学(短大)における非常勤講師や生徒指導などの相談員等(相談員にはボランティア相談員やいのちの相談員を含む)

 

【研修の場所】
学会主催の研修会、民間団体主催の講座、研修センターや教育会主催の研修会など

 

 

※スーパービジョンとは、心理療法の技術向上を目指す場合に基本となる教育方法で、指導者が援助者に毎週規則的に面接等を行い専門家として継続的な訓練を行う教育方法です。

 

教育カウンセラーの資格は養成講座を申込む前に実践歴が必要です。また児童だけではなく教員や保護者とも関わりを持つ仕事となり実践で身に着けたスキルが重要なポイントとなります。

 

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』
こちらの大手企業が特に参考になります。独立開業も支援してくださるサービスもあり人気となっています。メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士などに特に人気集中しているようです。
⇒ ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』 無料資料請求へ

 

ヒューマンアカデミーではコミュニケーション全般への効果に優れた実践心理学NLPを導入し受講生の満足度は98%だと言われています。
また、NLP資格取得者のステップアップ講座などもありスキルが大変身に付くと評判なのでお勧めできる企業です。

 

心理カウンセラー,教育カウンセラー


inserted by FC2 system