精神対話士は心のケアを行う専門の仕事です。

精神対話士の資格はレポート提出と出席3分の2以上

精神対話士の資格はメンタルケア協会が行っています。
合格するとメンタルケア・スペシャリスト認定証が交付されることになっています。基礎課程を修了すると試験委員会で合否が下されます。
講座受講の3部の2以上出席していなければ合否も下りない事になっています。
その後希望すれば実践課程に進むことができ、派遣業務にも参加可能です。

 

精神対話士は具体的な治療をする訳ではありません。
相手の話を聞いて対話をする事により、心を癒すケアになります。

 

 

【精神サポートを必要とする人】

職場や学校などで精神ストレスを抱えている人から、対人関係で落ち込んでいる人(引きこもり)、介護に疲れた人、事故や震災の被災者、病人などをサポートする事が目的となっています。

 

 

メンタルケア協会主催の派遣業務

財団法人メンタルケア協会が行う派遣業務に参加をすると報酬を得て活動が行えます。資格取得の間口は広く設定されており、受講受験に際しては年齢や学歴は不問です。
定年後に資格取得をし自分の生きがいを探す方もいるようです(更新は5年毎)
派遣業務はクライアントの希望する場所へ派遣されます。

 

 

現代社会では家族間の希薄化などが進み、昔のように思いやりあふれた環境では無くなりつつあります。技術が進み人の対話が薄れた結果ストレスを抱えてしまい、病的になる方も年々と増えてきています。
そのような人が悩み自虐的な道に走らないようにする事も目的となります。

 

 

人と人の対話による共感を得て、病的な事から抜け出せる方も多いようです。
家族に打ち明けられない悩みなどもここ最近では多くなり、孤立してしまう事もあります。また家族相談士と比較されたりします。

 

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』
こちらの大手企業が特に参考になります。独立開業も支援してくださるサービスもあり人気となっています。メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士などに特に人気集中しているようです。
⇒ ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』 無料資料請求へ


inserted by FC2 system