心理判定員とは公務委員なので安定している仕事です。

心理判定員の資格を取得する方法と公務員試験

心理判定員の資格を有するには地方公務員上級の資格が必要になります。
心理判定員と言うのは認定試験や国家試験ではなく、地方公務員試験に合格
しなければいけません。
その後、心理判定業務の職場に配属されなければ心理判定員とは呼ばないのです。

 

心理判定員の資格と取得方法

この資格で一番必要なのは、地方公務員上級試験に合格する事です。
合格した後に各地方自治体に問い合わせて見つけることが一般的です。

 

心理判定員が配属される場所は、児童相談所や身体障碍者更生相談所などと言った相談指導機関等になります。また重症身体障害児などの入所施設などもにも配属されます。精神保健の知識を求められる心理全般の知識も必要です。ただ公務員になるので安定した待遇を受けることができメリットも大きいです。

 

一般的な採用基準は、大学や大学院で心理学関係を学び、学部を修了している事が前提です(一部例外あり)
仕事は入所者などの子供達とのコミュニケーション促進などになり、集団療法や個別療法等を行い心理状態を把握し問題が起こらないようにします。

 

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』
こちらの大手企業が特に参考になります。独立開業も支援してくださるサービスもあり人気となっています。メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士などに特に人気集中しているようです。
⇒ ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』 無料資料請求へ

 

ヒューマンアカデミーではコミュニケーション全般への効果に優れた実践心理学NLPを導入し受講生の満足度は98%だと言われています。
また、NLP資格取得者のステップアップ講座などもありスキルが大変身に付くと評判なのでお勧めできる企業です。

 

心理判定員,心理資格


inserted by FC2 system