認定心理士の資格は基礎的な心理学内容

認定心理士の資格は日本心理学会が主催しています

認定心理士の資格とは、心理学の基礎学力と技能を有するための資格です。
心理学科以外で心理学を専攻した事を証明する資格にもなります。
(心理学とつかない学科や講義)
仕事関係で専門職に就きたけれど表すものが無い場合に推進されています。
逆に心理学を学校で学んでいる方にとっては不要の資格となりますが、臨床経験の必要もなく学会の会員では無くても受ける事が可能です。

 

心理カウンセラー,認定心理士

 

 

認定心理士の資格と取得方法

日本心理学会が認定する資格で、大学在学中から卒業後まで申請が可能です。
心理系の大学や大学院にて必要単位を修得すると書類審査により資格を受ける事ができます。基本主題と副次主題の単位が必要になります。

 

 

【まとめ】
大学(大学院)における心理学関係の学科名が学際性を帯びてきて、必ずしも「心理学」という直接的名称が使われていない場合が多いことから、心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と技能を修得している、と日本心理学会が認定している資格です。通信制の大学でも取得が可能なので自分の目標によりステップアップされるとよいでしょう。認定心理士の資格だけでの就職は狭き門となり、その他の資格を取るステップアップになると考えられています。

 

 

⇒ 認定カウンセラーの資格について
⇒ 家族相談士の資格について


inserted by FC2 system