精神保健福祉士とはどんな仕事をするのか?

精神保健福祉士の資格は精神目の援助をします

精神保健福祉士は社会福祉士と似ていますが、主に精神面のケアや援助を専門的に行う仕事です。精神障害の相談に応じる仕事が多いのですが、給付金制度や税金の免税措置などの情報提供も行います。
また、精神疾患などの病気と向き合いながら社会復帰が出来る様に助言や指導を行い、生活技能等を身に着ける訓練も行います。

 

 

【活躍場所の主な業務】

  • ケースワーカー業務
  • グループワーク業務
  • コミュニティーワーク業務
  • 関連業務

 

精神保健福祉士になるには国家試験が必要です

 

受験資格には実務経験が必要となります。
また卒業大学別や実務経験別に様々な道があるので気を付けてください。
試験は年に1回で1月下旬に行われます。
大学を出ていないくても短大卒や専門学校の指定科目を履修していれば取得が可能です。ただし実務経験は必須となりますのでご注意ください。

 

 

試験は17科目もある
  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉相談援助の基盤
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
  • 精神保健福祉に関する制度とサービス
  • 精神障害者の生活支援システム

 

この6科目に社会福祉試験の11科目が加わり全部で17科目あります。
社会福祉士の資格を有している方は学科免除などがありますので、受験を申し込む段階で申告しましょう。

 

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』
こちらの大手企業が特に参考になります。独立開業も支援してくださるサービスもあり人気となっています。メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士などに特に人気集中しているようです。
⇒ ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』 無料資料請求へ

 

ヒューマンアカデミーではコミュニケーション全般への効果に優れた実践心理学NLPを導入し受講生の満足度は98%だと言われています。
また、NLP資格取得者のステップアップ講座などもありスキルが大変身に付くと評判なのでお勧めできる企業です。

 

心理カウンセラー,精神保健福祉士の資格


inserted by FC2 system