学んだ心理学により活かせる職場が違う

心理学の分野とその種類について

心理学の分野とその種類について簡単にまとめています。
臨床心理学、教育心理学、社会心理学についてはこちらの記事へ

 

 

発達心理学とは?

発達心理学とは生涯における成長・発達を続ける人間について研究する学問になります。結論から書けば成長・発達する過程による心的(身体的)な発達とその条件について研究します。
その条件を阻害する原因の追究も行われます。
発達心理学は、生涯発達心理学とも言われます。

 

■ 福士関係者の心理判定員や教師、心理職などで必要とされています。

 

 

認知心理学とは?

認知心理学とは人の知覚や記憶、さらには思考や言動の情報処理による仕組みを研究します。
少し難しいのですが人工知能や記憶モデル(短期や長期)、問題解決や思考などのテーマ等がありそれらを勉強する事で様々な方向から研究を行い答えを導き出します。社会の複雑化により大変注目が高い心理学になります。

 

■ 教育分野や産業分野、司法や行政職で必要とされています。

 

 

犯罪心理学とは?

犯罪心理学とはなぜ犯罪を犯すのか、また犯罪を起こす人と起こさない人の違いは何なのか、犯罪を犯した人の社会復帰の研究などをします。
本質に近づくために人に秘められた異常性や本性などを見極め予防や再犯の防止を目指します。
心理学の中でもやや特殊な研究となり精神疾患などの問題も考えないといけません。またマスコミの影響を受けやすく個人の判断力がポイントとなります。

 

■ 少年鑑別所や少年院、刑務所などの矯正施設などで必要とされています。

 

 

人格心理学とは?

人格心理学とは人の性格や人格を研究する臨床心理学の基礎になります。
性格(パーソナリティー)の捉え方は様々ですが大まかに類型論と特性論に分かれますがその他にも力動論や状況論などがあります。他の心理学と関係性が深いのが特徴です。

 

■ 医療機関や教育機関のカウンセラー、又は福祉施設機関で必要とされています。

 

 

産業心理学とは?

産業心理学は組織、消費、健康の3つと人との関係について研究しています。
日本の産業構造が時代の流れと共に変化し、製造業などの雇用関係や組織関係も変化しています。よって働いている本人だけではなく家族にも影響が出ています。
産業界に起きている問題の解決に向け具体的な問題を解決しなければいけない特徴があります。

 

■ 法人企業の相談室や一部の管理職、人事部署の管理職や自治体の相談室などで必要とされています。

 

 

災害心理学とは?

災害に対する人間の心理的な反応と行動などを研究する学問です。
災害は予期せぬ状態で起こる事が多いですが、天候や気候などによる事もあります。また飢饉のような事もありえます。
そこで災害と二次災害の拡大を防ぐためにどうすればよいのかを研究します。
緊急時のパニックや避難行動、デマや心身障害などを予防する学問です。

 

■ 医療機関のカウンセラー、消防士や防災士、福祉関係や教師などで必要とされています。

 

その他の心理学についてはこちら(続きです)

 


inserted by FC2 system